【TSUME.CO】ネイルサービスもプリンターの時代に!ツメコがおすすめな理由。

千趣会さんの新サービス、プリンターでデザインを描く画期的なネイルマシン!
「TSUME.CO(ツメコ)」を体験させていただきました~


ツメコ

※ツメコは千趣会さんの新しいジェルネイルサービスです。
ベルメゾンネット

スポンサーリンク

「TSUME.CO(ツメコ)」とは?!

「TSUME.CO(ツメコ)」は、ベルメゾンでおなじみの千趣会さんが2016年秋からサービス開始されている「新しいジェルネイルサービス」です。

最初に爪をやすりやスティックで整えて、ベースコートと塗って・ベースカラーを塗って・・・・・・とここまでは、普通のジェルネイルと同じですケド。 違うのはコレ! アートデザインは、ハンドではなく機械まかせということです♪
ツメコの機械

ネイルのアートデザインをプリンターにおまかせすることで、早い・安い・仕上がりにばらつきがないなど、ジェルネイルがより気軽にできるようになりました!

本記事では、千趣会・東京オフィスでのツメコ体験の様子を赤裸々にレビューさせていただきます♪ 文末に耳より情報記載しますので、ぜひ最後まで見てやってくださいねー!!

まずはツメコのデザイン選びから♪ 

毎月16増える16デザイン! 現時点で300以上もあるデザインから好きなものを選べます~

こちらのネイルチップは、ツメコのデザイン見本のほんの一部です。
ツメコの見本

品番の後の<S>はシアー、<W>はホワイトの略だそうです。
柄見本

ベース

わかるかな? シアーの方は、ちょっと半透明みたいな感じのベースになって。
ツメコベース

ホワイトの方は、しっかりと色が乗る感じの仕上がりになるんですね。
ツメコホワイトベース

デザインはツメコサイトであらかじめ選ぶことが可能なので、どのデザインでお願いするか?を一応は決めてから伺っているのですが、実際にたくさんのネイルチップ見本を目の当りにしてしまったら、悩みに悩んで決めた「やってもらおうと思っていたデザイン」は吹き飛んじゃって、また1から選び直しになっちゃいました~ 千趣会スタッフさま、ごめんなさい!
ツメコの見本例

ちなみにこの日、午前中に取材にいらしたブロガーさん達のチョイスは、↓こんな感じであったそうですよ。 スタッフさんがスマホで撮っていらした「写メ」の画像です♪
ツメコAMブロガーさん

上の画像をご覧いただくとお分かりになるように、ツメコのアートデザインは「ショートネイル」の短い爪にも似合うように……とデザインされているのが特徴なんです!

ワタシは↓こちらの「和風デザイン」のネイルと悩みに悩んで、結局「洋服にも着物にも合いそう」な、紫+ピンクのフラワーモチーフに決めました♪
ツメコ和柄
紫花柄

デザイン決定のポイントは「ヒトの手では絶対にできないような柄であること」!! この写真のような花の柄は、普通のネイルサロンにはないだろなーと思ったことと、紫+ピンク色のカラーが気に入ったことで選びました。

ツメコの施術開始です!

ネイルプリンター・ツメコの前の下処理。

ようやくデザインが決まったところで、施術開始です!

ツメコの施術

最初に爪をやすりで整え、爪表面に残った甘皮を落として、バッファーをかけてから、ベースコートを塗っていきます。
ツメコの流れ

ツメコのベースコートは、LEDライトで硬化する溶剤なので、わずか20秒という照射でOK! その後ベースカラー(シアー)を塗ってから、プリンターのインクが定着しやすいようにと専用のマットな溶剤を塗って爪の下処理は終了です。
ツメコの下処理

続いて、爪のまわりに専用の保護テープを巻いて、プリンターに指を入れる準備をします。
ツメコ保護テープ

こちらの写真は↓正しい手の入れ方です。(スタッフさんのデモ)親指がプリンターに轢かれないように、気を付けて手指をセットします。
ツメコの手の入れ方

親指を他の4本指と並べていれるのは無理なので、親指だけは反対側の手と一緒のセットになるので、両手をツメコに入れる形になるんですね。
ツメコ手のセット

プリンターの蓋にはカメラが内蔵されていますので、選んだネイルアートの品番を入力してデザインが表示されたら、爪の位置やカタチに合わせて、液晶画面にスタイラスペンでデザインをドロップしていきます。 もちろんこれは、スタッフさん側の作業なので、ワタシはじっとしているだけなんですけどね~♪
ツメコの画面

プリンターが爪に模様付けするのにかかる時間は、わずか1分程度であったと思います。 プリンターの様子を動画に撮ってもらいましたので、興味のある方はご覧になってみてくださいね!

■ツメコ・ネイルプリンター体験の様子を動画で


■きりまるのYouTubeチャンネルは、こちらへどうぞ♪

本当は、両手を同じデザインでプリントしていただくことになっていますが、この日はブログ用の取材でしたので、特別に片方づつ違うデザインを入れていただきました。 右手は施術してくださったスタッフさんとお揃いです!
ツメコのネイルデザイン2つ

今回は、親指だけ反対の手のデザインになってしまいましたが、普通は10本指が同じコードのデザインになるので大丈夫です。

プリンター直後のネイルアートは、なんだかマットでくすんだ感じに見えますが、この後、トップコートを塗って仕上げますので、ぷっくりツヤツヤなジェルネイルになりますよ~

  

油分を与えてケアをしておくと多少モチが良くなるということで、ハンドクリームを塗っていただきました♪
ツメコ仕上げ

ストーンやスタッズを付けたい方は、この時点で付けることが可能です。 ワタシは右手の薬指にストーンを1粒乗せていただきました。

この日一緒に体験させていただいたブロガーさんのネイルは、こんな感じ。 可愛い押し花風のネイルでしたよ♪
ツメコ仕上がり2

 ■TSUME.CO(ツメコ)公式サイト:http://tsume.co/
 ■ツメコFB:http://www.facebook.com/tsume.co/
 ■ツメコTwitter:https://twitter.com/tsumeco/
 ■ツメコインスタグラム:https://www.instagram.com/tsume.co/

ネイルプリンター・ツメコを体験してみて思ったこと(ツメコ 口コミ)

ワタシが実際にツメコを体験して思った感想です。

■ツメコに感じた魅力(良かったこと)

  • 早い!アートデザインのジェルネイルが、最短45分で完成する。
     (デザイン決定後、施術開始~トップコートを硬化するまで。ストーンを付けたりするとその分延長されます)
  • ジェルネイルにしては、価格が安い。
     (通常ジェルネイルが7000円くらいするのに対し、3500円(税別)~受けられます。)
  • ネイルデザインがキレイ!
      (プリンターならではの繊細な模様がたくさん揃っています。)
  • 仕上がりが普通のジェルネイルとほとんど変わらない!
     (アートデザインをプリントする以外は普通のジェルネイルと同じなので、ツヤ感もぽってり感も同様にキレイです。)
  • ネイルアートの出来栄えが、いつでも同じ。
     (機械が描くアートデザインなので、見本と違う絵になったなどという失敗がありません。)
  • 爪が長くなくても似合う。
     (ショートネイルを前提としたデザインが多いので、爪を伸ばしていない人でも似合います。

■ツメコに感じた残念だったこと

  • WEBサイトでツメコのデザイン選びがしにくかった。
     (事前にスマホでデザイン選びをした際、個別デザインのページを見た後にスクロールがいちいちTOPへ戻るのが面倒でした。)
  • 施術していただける場所がまだまだ少ない。
     (ネイルサロンさんや美容室でも話題となっているそうなので、導入店は増えることが予想されています。)
  • オフが面倒。
     (LED硬化のジェルネイルである点は従来のネイルと変らないので、アセトンでのオフをする必要があります。
  • 爪のキワにスキマができる。
     (普通のジェルネイルでも髪の毛1本分は空きますすし、保護シートの付け方にもよると思いますが、爪のキワが多少あきます。)
  • 爪の両サイドの際が少し薄くなるらしい。
     (薄いというより「あく」というように感じましたが、際はインクの乗りが薄いらしいです。ハンドのようなくっきり感がありません。)
  • ネイルのモチは約半月と少し短め。
     (通常のジェルネイルが3~4週間もつのに対し、ツメコは2週間程度と短めです。)
  • 足の爪にはできない
     (マシンに足はセットできないので、ペディキュアはできません。)

ツメコのデザイン選びで感じた操作性は、今後改善されると思われますので、アプリでもできるといいなーと思います。 施術できるサロンさんも、どんどん導入の申込みが入ってきているそうなので、全国的に施術していただけるようになるのではないかな?と思っています。

オフが面倒という点に関しては、ジェルネイルである以上仕方がないですね。 有料ですがオフをお願いすることもできますし、10回程度使用できるオフキットの販売もございます。

ツメコのジェルネイルのモチに関しては、個人差が大きいと思います。 マニキュアみたいな落ち方を心配する必要はないですが、多少端っこが欠けたり・剥がれたりはするようです。 それよりも、爪が伸びてきて甘皮との境が開いて、見てくれが悪くなることの方が気になりますね。 ちなみに私の爪は、5/18の午後施術していただいて、本日5/26時点でこんな感じになっています。(1週間後の状態)
ツメコ1週間後

確かに、来週の今頃は「そろそろ落とそうかな?」という気分になっているかもしれないですねー

ツメコのネイルを、なるべく長くもたせたいと思う場合は、甘皮側がクリアカラーになっているデザインが良いと思うのですけど。 ツメコのベースカラーはW(白)かS(シアー)なので、クリアタイプも登場すると良いのになーと思いました。
クリアなネイル

あと、足の爪には対応できないというのも残念ですね。 足専用ツメコも開発されると嬉しいです。

「TSUME.CO(ツメコ)」を導入したいとお考えの方へ

ツメコのネイルプリンターを体験していて「この機械、導入するのにいったいいくらくらいかかるのかしら?」と思ったので、施術していただくお客様としてではなくて、サロン側として知りたいと思うであろうことを伺ってみました。 Q&A形式で書かせていただきますね。

■ツメコ導入検討のQ&A(2017.05.19時点の情報です)

  • Q:導入初期費用はどのくらいですか?
  • A:約15万円です。
  • Q:月々のツメコレンタル費用はどのくらいですか?
  • A:月1万円です。 その他に、消耗品(保護テープや専用溶剤など)がかかります。
  • Q:ツメコ導入の流れを教えてください。
  • A:事前研修(6時間程度)⇒お店に設置⇒使い方のレクチャー⇒自店舗で練習⇒ツメコ検定を受ける⇒合格すれば開業スタート
  • Q:事前研修の内容は?
  • A:施術の流れの説明。実際に施術の練習。プリンターの扱い方の練習などです。
  • Q:ツメコは資格がないと使えませんか?
  • A:ツメコのネイル施術は、甘皮を切ったり押し上げたりはしないので、ネイリストさんの資格は不要です。 ただし、マシンの使い方や専用溶剤の扱い方などを習得していただく必要があるので、ツメコ独自の検定試験を設けています。 試験合格するまでは、開業は認められません。
  • Q:ツメコのマシンを買い取ることはできますか?
  • A:千趣会からのレンタル扱いになります。販売はしていません。
  • Q:オーナーがツメコ検定に合格すれば、スタッフが使ってもいいですか?
  • A:ツメコを扱う方、それぞれに試験を受けていただいています。
  • Q:ツメコの価格を独自に設定することは可能ですか?
  • A:ご相談ください。クーポン発行やサービスの一環としてなど、色々なビジネスモデルが考えられます。

ツメコって、なんだか画期的なサービスですよねー!! テレビ東京系ワールドビジネスサテライト(WBS)で紹介されて、かなり大きな反響があったそうですが、お話を伺っていて思わず「ツメコサロン、開いちゃおうかしら?」という気になっちゃいました(笑)。

姉妹サイトの関連記事:【お祝いの着物】写真スタジオ&着物レンタル店のオーナーさんへ

ツメコ 耳より情報♪

「ツメコ、気になるーーー!!」とおっしゃる方は、2017.06.02(金)~08.31(木)までの間、新宿マルイアネックスに期間限定店舗がオープンするそうですので、ぜひ、足を運んで実際に体験してみてくださいませ♪

■新感覚ジェルネイルサービス『NAIL STAND TSUME.CO(ツメコ)』期間限定ショップ 概要

  • 場所;新宿マルイアネックス・4階・エスカレーター前スペース
  • 期間;2017.06.02(金)~08.31(木)
  • 営業時間;11:00-21:00(日祝は20:30まで)
     ※当日予約の最終受付は、閉店の1時間前まで
  • 【利用方法】
    1.専用サイトから予約  https://reserva.be/tsumeco
    2.電話予約 070-5341-9322(ショップ直通)
    3.店頭予約
    ※事前のデザイン選びはこちら⇒公式サイト: http://tsume.co

NAIL STAND TSUME.CO(ツメコ)料金

・ジェルネイル ¥3,500
・ストーン、スタッズ(両手4本まで) ¥1,000
・オフ(付け替え) ¥1,500
・オフのみ ¥3,000
・オフキット(約10回分) ¥1,250
※オフはツメコ(期間限定店舗)で施術したジェルネイルのみになります。
※すべて税別表示です。

★ベルメゾンさんのおすすめ★足のフェイクネイルにラメラメタイプが登場しました!

 ⇒【ヒルナンデス!紹介】フェイクネイル5本指ストッキング(ジェルネイル風)を見る
icon

ラメ足ネイル

従来タイプも好評発売中です!
フェイクネイル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする